お役立ちコンテンツ

ニキビができたときに必須となる化粧水

私は中学生のころからおでこにニキビができるようになり、ニキビを隠すように前髪をのばしたりしていました。
当時の私は、とにかくおでこのブツブツしたニキビが見られたくなくて、必死になっていたのを思い出します。

しかし、その後高校生になっても、ニキビの悩みは続きましたが、高校を卒業すると、たくさん汗をかくような運動をしなくなったので、徐々にニキビは減っていきました。

「このまま一生ニキビとはさよならだわ」と思っていましたが、大人になってまたニキビができるようになりました。
始めは大人はニキビはできないものだと思っていたのですが、ネットなどで調べてみると、大人ニキビで悩む人は結構多いことを知りました。

女性の場合ニキビがあるとメイクのノリが悪く、ファンデーションで隠そうとすると余計に目立ってしまいます。
調べていく内にストレス、寝不足による生活の乱れや食生活もニキビの原因になることを知りました。

でも、やはり自分の肌に合った洗顔や化粧水によるお手入れが一番重要なことがわかりました。

洗顔ではやはり余分な皮脂や毛穴の汚れを、きちんと取れるものを選ぶことが大切です。一方、化粧水は潤いを与えながら、余分な皮脂を吸収するタイプがオススメです。やはり皮脂が肌に残っていると、そこに外からの汚れが付いてニキビの原因になります。

使い方のポイントは、夜、入浴後の清潔な肌になじませるのにコットンを使うことです。手でなじませるという方法もありますが、入浴後は手でボティクリームやヘア美容液などを使うのでオススメしません。
朝も洗顔後の清潔な肌に同じようにコットンでなじませます。この方法は肌を清潔に保てますので、ニキビ肌には最適だと思います。

WiMAX2+でもらえる高額キャッシュバック比較 脇毛処理 光脱毛 自宅 人気のエイジングケア化粧品